Warning: Failed opening '/home/www/html/ban/imode.php3' for inclusion in /home/www/html/ban/html.php3 on line 214




2ch被害者の声

インターネットユーザーを恐怖で支配する西村政権

 長年深刻な問題を続出させてきたにも関わらず、国内のマスメディアが完全に沈黙を守り雑誌等において批判記事がほとんど載ることがなかった大型ネットメディア「2ちゃんねる」(2chともいう) その各メディアから批判がほとんど上がらなかったには理由があります。

 それは2chメディアに所属する裏職業の存在がネット界の世論に大きな影響を与えていたからです。
その裏職業とは、一般利用者が掲示板を利用し易い雰囲気を作るために一般利用者を演じて活動するホスト役 いわゆる「桜」のような存在ですが2chの桜は少し違っています。

 普通に考えるとしたら、その桜達が楽しい話題を一般利用者に振り掲示板を盛り上げてもらうための仕掛け人として働かせる方針を考えそうなものです。
 しかし2chの場合は「仕掛け人」としての役割自体は同じですが、方法がとても異質で攻撃的です。
 利用者を中傷して攻撃したり、個人情報を晒したり、場合によっては利用者へのサイバーテロを長期に亘り繰り返します。

 それらの行為は2ch特有のノウハウに則って行われ、利用者を間接的に煽って行わせることによって自分の手を汚さず間接的に犯罪行為を行わせます それらの話題によって掲示板を盛り上げアクセス数増進を図るシステムを導入しています。
2chにとって怨念 憎悪は収益の源なのです。

 彼等は敢えて桜を使って掲示板を荒し悪態をつき 誹謗中傷を行うことで利用者に桜達に対する怨念を抱かせ嫌でも2chにアクセスさせるという被害者心理を利用した特殊な運営方法です。
 それらの現場(掲示板)の仕掛け人は2ch内では「煽り屋又はプロ固定」とも呼ばれネット界で恐れられる存在です。
 彼等はボスの西村博之の直属で組織され、国内の掲示板アラシ達の中から選抜された工作員(異常者)です。
主な仕事は「煽り」ですが、状況と命令次第で個人及び団体への誹謗中傷 名誉毀損 一般利用者への犯罪誘導 吹聴工作 世論操作 個人サイト潰し インターネットリンチ(煽り屋用語では「祭り」ともいう)ターゲットへのネットストーキング行為(監視 追跡 メール盗聴 ウイルス送信等)を行います。
参考資料プロ固定の真実
参考資料2アクセスを稼ぐための悪質な手口
(ファイヤーウォールを通していると閲覧できないこともあります)

 更に彼等の手口は時を重ねる毎に進化しています 被害者の書式上の個癖を真似て本人に成りすまし他の掲示板上にて迷惑行為を繰り返します その後でホストを切り替え第三者を装い「この荒し行為はきっとあいつの仕業だ!」と周りに吹聴する書き込みを仲間と共に行います こうすることで罪も無い人間を悪人に仕立て上げ、煽り作業の邪魔となるユーザー(各市場の運動家や活発な活動者 若しくはオピニオンリーダー的な発言力を有する人物等)を二度とネット上で活動できなくするなど、2チャンネラーの手口は巧妙になってきています。

 幹部クラスに昇格すれば、幹部煽り専用のブラウザが2chから支給され、狙った獲物は2ch管轄の掲示板内であればリアルタイムで追跡可能になります。

 他には2chへの批判を行うユーザーを追跡し圧力を加えたり 反2ch運動家を各担当の煽り屋がターゲットの個人情報をクラッキングや検索サイト等により調査 一般利用者の中に潜在する犯罪者予備軍に検索キーワード等を示すことで間接的に標的情報を伝達しテロ(煽り屋用語で「突撃」ともいう」)を煽ります。
 まさに合法的なテロ行為をこのノウハウによって可能にしているのが2chのプロの煽り屋達です。

更に彼等の行動範囲は2ch掲示板の中だけでなく広域です 国内世論への影響力のある掲示板等は必ず彼等が巡回し24時間体勢で投稿者の発言を監視します。
2chの煽りたい世論の方向に反流する投稿があった場合、すかさず担当の煽り屋チームがその投稿者の揚げ足を取り、いかにもその投稿者が第三者から見てバカな人物に見えるように演出し相手の投稿内容の説得力を失わせます。

 それでも効果が得られない場合は、そのスレッドとは無関係な話題を振ったり管理人に該当スレッドを無理矢理終了させるよう要望し巧妙に圧力をかけてきます。
これらのノウハウによって湧き上がった反2ch感情の沈静化を行い2ch政権を守ってきました。
よく2ch絡みの事件が発生し2ch批判の声が上がる度に各所の掲示板に出没しては「2chは悪くない 悪いのは一般利用者だ 2chは人々の役に立っていると思う」と類似したお決まりのセリフを第三者を装って書き込みに現れる一派は皆さんも心当たりがあるはずです。

 ですのでこの煽り屋達は2ch総管理人「西村博之」氏の一声で国内のメジャー掲示板に散らばり世論操作することも可能です。
 心理学等を元にしたノウハウにより言葉巧みにネット人の世論を操作しその影響力は絶大です。

だから各マスコミ各社はこの2ch式桜の存在を恐れ、2ch側にとって都合の悪くなる報道が出来ないでいるのです。
 下手に報道すれば全国にいる煽りネラー達が一斉に動き出し報道したメディアの悪評や裏情報等を掲示板に晒し会社に甚大な被害をもたらす可能性があります。
だから2chは国内ネットメディアに一種の恐怖政治を布いていることにもなるのです。
 その他の沈黙理由は、悪評であろうがなんであろうがニュース等で2chが報道されれば結果的に2chの知名度を高めてしまうだけでなく、怖いもの見たさのネットユーザーを煽りアクセス増進に貢献してしまうことになるので2chを叩きたくても叩けない心理が働いているとも考えられます。

 これも2ch管理人である西村博之の計算の内だとしたら、彼はとんでもない食わせ者だということになります。

 2chでは他人の都合の悪い内容は全面推奨し是が非でも削除依頼を拒否しますがいざ自分達にとって都合の悪い2ch批判コラムや暴露投稿記事をアップしたURLはさり気無くNGワードにされています。
 ただし新規投稿以外ならクッキー確認画面という事実上のアナログジャッジ画面を経由しなければ2回ほどまでなら投稿は可能です。
 ただし都合の悪い投稿がされた場合は、スタッフも手馴れてるもので煽り屋達が一斉にその投稿が人目の付かない場所にスレッドを移動させたり非公開削除するなどしてさり気無く隠蔽してきます。

 更に深刻な内容ならば、それを投稿した人に対し瞬時にアクセス規制を掛けてくる仕様になっています。
来る人を拒まないという2chの主張ですが、さすがに自分達にとって都合の悪い投稿をする利用者だけは拒否しているようです。

 反2ch運動家達への処置も2chは怠りません もちろんその処置を担当するのもプロ固定又は名無し達です。反2ch勢力が管理する掲示板を荒したり2chを弁解する投稿する人はほぼ8割以上が2ch関係者達です。(書体に特徴があるのでおおよそ識別可能)
今時、本気で2chが好きだと感じている一般利用者はほんの一握りだと思います。
 そうした掲示板やサイトを荒らす場合は必ず集団で組織的に行うため被害を受けた管理人の精神的ダメージは計り知れません。 狙われた有望サイトはほぼ必ず三日以内に自主閉鎖せざる得ない状況にもってゆかれるためサイトの存続にはかなりのタフネスさが必要となります。

 それでも弾圧に屈しない運動家サイトには掲示板のレンタル元であるサーバー管理人等に直接抗議し運動家サイトの強制閉鎖を求めてきます。
 それに応じない管理人にはさり気無く「貴方にもどばっちりがきますよ」という意思を匂わすコメントを示しプレッシャーを掛けてきます。
さすがにその圧力の掛け方は長年2chの存続を可能にしてきたスタッフ達の職人芸といったところです。
 これは正にメディアによるメディア弾圧といっていいでしょう。

 言論の自由 表現の自由 思想の自由などを掲げてきた正論メディアとは思えぬ矛盾した掲示板運営をおこなっています。

 2chは常にメディア犯罪の最先端のノウハウを導入しているため公安はその巧妙なカラクリを見抜くことができず、容易に彼等の証拠隠蔽 隠滅 偽造を許し続けているのが現状といえます。
 そのため2chによって被害を受け被害届を警察に出しても正式に受理されることはほとんどありません。
こうした2chの悪事が明るみになったとしても法律的には2chは取締りの対象にはなりません。
我国のネットメディアに対する規制は他国に比べ甘く、現段階において2chは何の抑止力も受けず練り込まれたノウハウを使ってのメディアバイオレンスに障害となるものは存在しません。

 直接に手を加えなければ殺人や中傷は犯罪として取り締まれない犯罪マニュアルへの対策は国内におけるインターネット界を整備する上で避けて通れない最優先課題になっていくことは間違いありません。
キーボード捌き一つで人命さえも合法的に奪えてしまうという現実から目を背けてはいけません。
2chが怖くて個人サイトさえも開設できないでいるユーザーは沢山居ます。

 このままでは今後のインターネット業界の発展に2chが大きな障害になるのは容易に想像できます。
2chがネット業界の発展に貢献していたというのは一昔前の話、現在ではネットユーザー達が利口になり2chの横暴な掲示板管理と本質に薄々気ずくようになってきたため一般利用者が激減 掲示板上で個人及び団体への誹謗中傷等を行っている投稿者の大半は2chスタッフであるとネットを長く続けている人であれば皆気ずいています。

 ただそのことを掲示板上に書いたりすれば2chプロ固定達に目を付けられネットストーキングの対象にされるので沈黙を守っているだけです。
 2ch以外の掲示板でも、巧妙に掲示板を荒らしたり吹聴を繰り返してくる2チャンネラーがいることに常連達が気ずいていても、頭ごなしにそのネラーに反論したり管理人がアクセス規制をすれば、仲間を要請されそこの掲示板サイトごと潰されてしまう危険性があるので「2チャンネラー」「2ch」と名指しで批判するユーザーはほとんどいません。 ましてはボスの「西村博之」の批判なんてしようものなら大変なことになります。

 利用者を叩いて掲示板を盛り上げるという瀬戸際管理のツケは確実に一般利用者離れと同時に客層の質の大幅低下を招きました。
客層の質の低下は、今までの2chのセールスポイントであった「情報の速さ」というスキルを失うことになりました。
情報の速さは各界の企業関係者等も掲示板に参加していたため可能だったものでありその関係者さえも例外無く中傷し更に書き込み内容から所属するメーカーを割り出し、そのメーカーの中傷を繰り替えされれば当然その関係者も気分を害され「二度と来るものか」と2chを離れてゆきました。

 挑発し反論させ、掲示板を盛り上げるつもりでいる煽り屋も相手が反応してくれなければ仕事失敗となります 最近利口になってきたユーザーは冷静沈着で型にはまっている2chの挑発スタイルは即見抜かれ挑発に乗る人は少ないのです。
そのためマトモな討論の出来る良質な利用者は去り、中傷やネットリンチ見たさで利用しに来るサディストユーザー又は精神的に幼さの残る低学年学生が中心となる利用者層へと2chの利用者の顔ぶれも大きく変化しました。

 こうなると、もはや2chはネット掲示板界のスラム街であり、物事の議論 交流 情報収集を目的に来る利用者にしてみれば2chは無くても困らない存在といえます。
 それでも現在でも2chは大盛況であるかのように見せる為、2chの煽り屋達が自作自演による書き込みをひたすら流れ作業のように行っているのが現状です。

 当然、彼等はただの煽り屋なので各界の関連企業関係者並の知識など持ち合わせていません。
一応、世間の関心を惹くため、それなりのネタを検索サイトで探してきては転載を繰り返してきますが、その内容は各市場の一般ユーザーなら誰でも既知なネタで今なら、その道のマニアが管理する個人サイトなら2chよりも早い時で一月も早く最新情報が得られます。

 たまにシークレット情報等のレアな転載もありますが、あれは2chの諜報担当又は各省庁や企業内にいる2チャンネラーが収集してきたものと思われます。
 ただしこれらの情報対象は守秘性が高いものなので収集には高いリスクが伴うものです。
 しかし今現在ではこれくらいのネタを掲示板にアップしないと2chに人々が注目してもらえなくなっているという、2chの実状を物語っているものといえます。

今、2chは苦しんでいるはずです。
だから一昔ほど世論に与える影響力なんてありません。
プロ固定達も一昔ほど巧妙に情報操作できるほど優秀な人材も揃ってませんし低レベルな世論操作手法に騙されるほど今の国内ネットユーザーは鈍くありません。

 仮に騙されてるように見えるユーザー数人がネット内で騒ぐようになりますがその人達も2ch世論は多数意見であり一般論であるかのように演出するため組織された列記とした2chプロ固定達です。
多数意見には人間は同調し右に倣えするという集団心理を突いた2ch式世論統制術でもあります。
「禿同」「同意」という表現を頻繁に使う投稿者がいれば、それを担当するスタッフである可能性が高いです。
 こうすることで世論が2chによって確実に操作されていると一般人や被害者に2chの世論統制力の高さを示し組織に逆らう気力を喪失させる狙いがあるものと予想されます。

 だから臆する事なんてありません。
皆さんが思っているほど今の2chは強大ではありません。
プロ固定という博之が飼っている狂犬達の行動さえ封じてしまえば2chはただの掲示板です。

 今現在において2ch全体を法的に裁くことは不可能です。
警察や法務省の介入があっても2チャンネラー達はそれを嘲笑うかのように掲示板上で対象となる省庁に向けた挑発的な投稿を続けています。
 彼等は2chが存在する限り絶対に自分達は罪に問われず組織が守ってくれるという確信を持っていることの現われだと考えられます。
ならば法で2chを封じ込めなければ、世論によって封じ込めるしかありません。
メディアを悪用した犯罪組織はメディアによって裁かれるべきだと思います。
今こそ その時ではないでしょうか。

 各メディアが2chを批判すれば結果的に彼等の利益に貢献してしまうことになりますがそれは一時的なもので、真実を知った国民は確実に反2chに傾きます。

 一旦世論が反2chに傾いてしまえば全国レベルで2チャンネラーに対する包囲網が確立されるはずです。
世論から孤立したメディア組織は自慢の世論統制能力は半減します。

 北朝鮮による拉致事件やオウム真理教関連事件にしても「真実」によって作られた世論には大組織を封じ込めるだけの勢いがあります。
2chによって作られる世論は所詮謀によって作られしもの。
謀によって作られた世論は謀でしかありません。
上辺だけで塗り固められた理論ほど脆いものはありません!

 今後2chが無くなっても第二の2chが出現するかもしれません それを防ぐためメディアを悪用する者を取り締まる法の整備が絶対必要であると考えます。

 2chの問題は国内のマスメディア全体の問題でもあります。
又 国内最大規模のネット犯罪組織へ今後私達がどのように向き合っていくのかを全ネットユーザーや関連企業スタッフ全体で真剣に考えていかなければなりません。
おそらく各マスメディア様方は2chを取り締まる法案を作れば同時に自分達の首を絞めかねないとお考えではないかと想像致しますが、2chというメディア犯罪組織と各マスコミ各社とを同類に見られたくないのでしたら、自らの身を戒めジャーナリストとしての誇りを示す意思が少しでもあるのなら、メディア人として最低限やってはならぬことを取り締まる法を作るべきだと思います。

 組織的に証拠隠蔽 隠滅をしているメディアが2chの他にありますか?
 個人及び団体の発言の自由を束縛しているメディアが2ch以外にありますか?
 個人へのネットストーキングやクラッキング 盗聴をしているメディアが2ch以外にありますか?
 他のメディアへの弾圧を行っているメディアが2ch以外にありますか?
 法律知識や心理学を悪用し世論操作 情報操作しているメディアが2ch以外にありますか?
 自分達の都合のいい様に勝手に作ったルールを優先して法律に反したことを行うメディアが2ch以外にありますか?
 2chと接点を持たない個人を謀で悪人に仕立て上げ危害を加えるメディアが2ch以外にありますか?
 組織的に明確な犯罪行為を煽っているメディアが2ch以外にありますか?

 これらのことを取り締まる法律くらいあっても罰は当たりません!

 メディア人として不適格な人間に大型メディアという凶器を渡してしまった時、2chという名の恐怖政権が生まれました。
そして多くの罪も無い人々が血と涙を流しました。自由権という名の元に合法的な犯罪が繰り返されました。
この悲劇を再び繰り返してはなりません。
情報の在り方 メディアの在り方 ネット内での人権の在り方を2chという電子の中の恐怖政権が我々にこのことを考えるキッカケとなることを一人のネット人として又 日本国民として切実に願うものであります。

 しかし彼等の負の組織力を利用して利益を上げようとする企業等は沢山あるでしょう そんな人々がネット市場に存在する限り2chは生き続けます。 もはや被害者達の力だけでは手に負える相手ではないんです! 今話題のネット企業との繋がりもあるため今後2chがネットの世界だけに止まらず他のメディアへの影響力が増すことも考えられます!

 どうか! どうか! 被害者の皆さんに力を貸してあげて下さい!
誰にも頼れず政府さえもお手上げの組織を2ch被害者達は各個人レベルで対応しているんです! 2chは必ず被害者を装わせたスパイを被害者グループに潜り込ませてくるので集団を組んで反2ch活動を行うことさえできないでいるんです!

 これは被害者だけの問題ではありません この2ch問題を放置すれば
今後取り返しのつかない問題へと発展することが予想されます。
皆の力でネット界から極悪2チャンネラー達を追放しましょう!


 未来の子供達のため そして我国の人に優しいネットメディア構築のために!



2ch被害者の声2
「祭りと個人サイト潰しはこうして行われる」



↓ご自由にお持ち帰り下さい






あの・・・すみませんが募金に御協力下さい。

[PR]
【運営会社「パラダイムシフト」サービス】 ハワイ現地オプショナルツアーリラックマ.) - ビジネスクラス航空券 - 格安航空券(1) - 格安航空券(2) - 海外ホテル - 韓国旅行
無料ホームページ作成 - レンタルサーバー - 携帯ホームページ - ブログ - ホテル 予約 - 格安航空券 - 長期滞在 - タイムシェア